柔らかくてふんわり甘い
新感覚シベリア

発祥からレシピまで、謎に包まれた御菓子、シベリア

皆さんはシベリアという御菓子を知っているでしょうか?
東北出身だからかもしれませんが、私は知りませんでした。昭和初期にはメジャーな御菓子だったようで、パン屋さんや喫茶店でも食べる事ができたそうです。

形状は、カステラであんこを挟み冷やし固める様です。餡の場合もあれば、寒天を使い羊羹の様になっているものなど、少しづつ店独自のアレンジがあった様です。

しかし、現代では食の変化からシベリア自体があまりみられなくなってしまいました。
巣鴨地蔵通りの、丁度真ん中に店舗を構える「とげぬき福寿庵」さんは、懐かしいシベリアを現代風にアレンジした商品を開発して販売しています。

「初代シベリアロール」は平たいサンドのようなシベリアの形状ではなく、ロールケーキのような見た目で平成生まれのシベリアです。
最大の特徴は、生地がふんわりと柔らかいこと。そして、年配の方に人気の理由は、餡がそこまで甘くなくないという事です。程よい甘さが日常のお茶請けにぴったりなんですね。

試しに生地の部分をおしてみると、こんなに柔らかい!

そして、新感覚のシベリアが「紅白シベリアロール」こちらも初代シベリアロールと同じく生地がふんわりと柔らかいのが特徴なのですが、紅は苺味、白は練乳の風味になっており、初代シベリアロールとは異なる御菓子になっています。

洋菓子好きなら、是非食べていただきたいシベリアロール(白)。練乳の風味がついた生地に、練乳とインゲン豆の白餡を挟んでいますが、食感としてはモンブランの様な口当たりです。
柔らかい生地に、少し粘度のある餡がからんで、1カットでお腹が満たされます。ハーブティーや紅茶のお供にぴったりですね。

初代シベリアロールも、紅白シベリアロールしも、1ロールからも購入可能ですが、食べ歩きもしたい!という方には1カット売りが嬉しいですね。

シンプルなおはぎが大人気

巣鴨の方に人気なのが、「こぼれるおはぎ」。名前のごとく、こぼれる程の小豆餡がたっぷりとついたおはぎです。
この、おはぎが好きでお店に通われている方もいるほどです。
小豆は口にいれるとすーっと溶けるような柔らかさが特徴の小豆餡です。しっかりと豆の風味が残っており、餡だけでも美味しいのが人気の理由なんですね。

甘さの加減も丁度良いこぼれるおはぎですが、お米部分は米の粒々が残る様な潰し具合で、フォークを入れた時に切れやすく、年配の方が食べやすいのも人気の一因なのかもしれませんね。

是非一度、新感覚のシベリアロールをご賞味ください。

Image placeholder

とげぬき福寿庵

東京都豊島区巣鴨4-26-3
TEL:03-5961-0382
営業時間 10:00~18:00
※不定休